スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/07 天鳳検討帳

09/07 | 牌譜 | 特南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2014090722gm-0029-0000-58fc41aa&tw=0
3位 A:NPO法人雀新会(-20.0) B:禁手@二次元(-37.0) C:マイケル・ムーア(+47.0) D:sunabouz(+10.0)


2014090722gm-0029-0000-58fc41aatw=0ts=0.jpg

水の妖精 アクア・フォンテーヌ:
運任せに雌雄が決するのも、麻雀の魅力です。
対面が、暗槓⇒ドラもろ乗り⇒嶺上開花という、漫画のような展開を決め、私は8000点の親被りです。
西を捨てようが捨てまいが、私の8000点の支出は運命だったようです。

2014090722gm-0029-0000-58fc41aatw=0ts=72.jpg

のみ手ですが、待ちが良いので先制立直。
しかし上家に追いつかれ、追っかけ立直を食らいました。
そして、私の3面張などものともせず、ラス牌の2を一発で引かれ・・・。一発の神様、これはあんまりです。

2014090722gm-0029-0000-58fc41aatw=0ts=83.jpg

しかし、神様は、私を見捨てなかったようです。
3着と2800点差のラス。二・六(九)、さあどちらを捨てる。
三も五も場に出ていません。しかし、3着確保に動いている下家が、早々に四を手出しです。私はこれを、四六七からの早切りと読みました。即ち、六七を持っているかも知れない、ということです。ということは、五は下家のアガリ牌。
そのように考え、二を捨てて立直。そして一発で五をツモり、奇しくも3着となったのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大地の妖精 皇アイカ

Author:大地の妖精 皇アイカ
健康麻雀の世界から参りました7妖精です。新潟県燕市を拠点としたNPO法人「雀新会」でお世話になっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。